ホーム > お知らせ一覧 > 本の種レーベル『ミライのパスポ』第2弾! 双子のライオン堂 店主・竹田信弥さんの単著『めんどくさい本屋―100年先まで続ける道』2020年4月20日に刊行
本の種レーベル『ミライのパスポ』第2弾! 双子のライオン堂 店主・竹田信弥さんの単著『めんどくさい本屋―100年先まで続ける道』2020年4月20日に刊行

2021.04.09  更新

混沌としたミライを渡っていくための、本という名のチケット。

本の種レーベル『ミライのパスポ』、第2弾を贈ります。

「人の数だけ、思い描いている生き方や、社会のあり方がある」

 

このレーベルに名を連ねる人たちは、何かの「先生」ではありません。

ありきたりのサクセスストーリーはなくて、

ただ一心に自分の選んだ道を、迷いながらも進んできた人ばかり。

そして、まだ、人生という長い長い旅程の途中に、佇んでいます。

 

示したいのは、誰もが気づいているようで気づいていない、そんな生き方や考え方。

こうでなければならない、こうしなければならない、

という「常識」のフィルターを外して歩き出すと、

思ったよりも世界が広く、大きく見えてくるかもしれません。

 

その先に待っているのは、なんでもできる/なんでもやっていい、

という自由とも異なる、自分にとっての最適解を探していく、

旅のようなものではないでしょうか。

ただ、主義・主張を訴えるのではなく、

何かしらのコア=「核」をもつ著者たちが贈る、

今を生きるためのヒントが散りばめられた、そんなレーベルをめざしていきます。

 

◆本の紹介◆


そんな「創刊の言葉」を記して、レーベル第1弾となる難波寿和さんの単著『こちら、発達障害の世界より―生きやすく生きることを求めて』を2019年12月に上梓しました。

 

未来を担う世代に向けて、今だからこそ届けられる本を、より近い世代の著者たちが贈るメッセージとして届けたい。

そんな想いから始まった『ミライのパスポ』の第2弾を2020年4月に刊行します。

 

2010年代から登場した新しい形の本屋を代表するひとりである、東京・赤坂の選書専門書店「双子のライオン堂」の店主・竹田信弥さんの単著です。

 

 

赤坂という一等地の表通りを少しだけ離れた場所に佇む、四六判サイズの本に見立てた扉。それが双子のライオン堂の入口です。

ギャラリー兼イベントスペースを併設したお店は、竹田さんが自らお声がけした小説家・批評家・歌人・俳人・編集者などの選書を中心に棚がつくられています。

 

そして、双子のライオン堂が他の本屋と異なるのは、物件を購入した店舗であること。思い切った決断をしている一方で、お店を開けているのは毎週水曜から土曜の週4日、15時からの数時間に限られています。

全国に増え始めている、新しい本屋の先駆者とも言える竹田さんは、複数の副業をこなすことで、本屋の収益だけに頼らず自分のお店を100年先まで残すという、逆転の発想で運営を続けています。

 

こうしてみると、誰にも真似できない斬新な発想と野心で走り続けている人、というイメージをもってしまいますが、竹田さんという個人そのものに焦点を当てると、また違う一面が見えてきます。

そこにあるのは、ひとりの青年としての人間くささであったり、誰しもがどこかで感じたことのある迷いや悩み。そんなパーソナルな側面を「めんどくさい」というタイトルに包み込みました。

 

竹田さんのような生き方・在り方が広がっていくことで、「こんなふうにも生きられるんだ」と受け止められる次の世代が増えていくことには、大きな意味があると思っています。

だからこそこの本は、これまでのどの「本屋さんの本」とも異なる、本屋を続けるためにがむしゃらに生きる青年の真っ直ぐなメッセージとして受け止めてもらえたら、と思っています。

 

 

【書誌情報】

めんどくさい本屋―100年先まで続ける道

著者        竹田信弥

◯定価        1,700円+税

◯ページ数    244ページ

◯判型      四六判

◯製本      並製

◯発売日     2020年4月20日

◯ISBNコード 978-4-907582-21-0

◯Cコード     0095

 

 

【もくじ】

はじめに

 

双子のライオン堂宣言

 

双子のライオン堂について

 

第0章 双子のライオン堂と店主の日常―ある1週間の動き


第1章 気がつけば本屋をやっていた

 1 閉塞感からの脱出

 2 出会い

 3 双子のライオン堂、開業

 4 水面下のネット古書店

 幕間―いつも「外側」にいる自分① 小学生と死生観

 

第2章 2足・3足・4足の草鞋を履く男

 1 「就活」混沌記

 2 会社員の自分、ネット古書店主の自分

 3 本屋として生きるために

 4 いざ、選書専門のリアル店舗へ

 幕間―いつも「外側」にいる自分② 普通でいたい、でも真っ直ぐな道から外れてしまう

 

第3章 100年続ける本屋の現在地

 1 リアル店舗で見つけたもの

 2 白山からの旅立ち

 3 赤坂で物件を買う

 4 赤坂店での4年間

 幕間―いつも「外側」にいる自分③ 家族という存在、友人という存在

 

座談会:双子のライオン堂の読書会 誰のための本屋? なんのための本屋?
(竹田信弥×田中佳祐×松井祐輔×中村圭佑)前編

 第1部 店主との出会い

 第2部 『しししし』の過去と未来


第4章 この場所に集まる人たちと

 1 お客様と話すこと

 2 常連さんと悩める人たち

 3 店番のひとりごと

 4 イベントの日

 幕間―いつも「外側」にいる自分④ 落ち着きのなさと、身軽さと


座談会:双子のライオン堂の読書会 後編

 第3部 ライオン堂の今を考える

 第4部 ライオン堂の未来に向けて

 

第5章 双子のライオン堂の「外側」から

 1 伝えることの役割

 2 本屋の未来に必要なこと

 3 生き残るために必要なこと

 4 双子のライオン堂の未来、ぼくのミライ

 

おわりに

 

 

【著者紹介】

竹田 信弥(たけだ しんや)

1986年東京都生まれ。双子のライオン堂・店主。高校2年時にネット古書店を開業し、2004年5月に双子のライオン堂へリニューアル。大学卒業後はベンチャー企業勤務などを経て、2013年4月、東京都文京区白山にリアル店舗をオープン。2015年10月に東京都港区赤坂に移転した。「ほんとの出合い」「100年残る本と本屋」を同店のコンセプトに掲げ、店舗運営のかたわら、読書推進活動などにも携わっている。2019年、雷鳥社より刊行された『街灯りとしての本屋』の構成を担当。

 

【装画】

西島 大介(にしじま だいすけ)

1974年東京都生まれ。広島在住。漫画家。主な作品に『凹村戦争』『世界の終わりの魔法使い』『すべてがちょっとずつ優しい世界』『ディエンビエンフー』『ディエンビエンフー TRUE END』など。キャラクターデザイナー、イラストレーター、現代美術作家、音楽家としても活動する。2017年から2018年にかけて、双子のライオン堂より『アオザイ通信完全版』第1巻から第3巻を刊行。同じく双子のライオン堂より、2020年12月に非漫画本である『電子と暮らし』を上梓。

 

【本文イラスト】

くれよんカンパニー

漫画家・イラストレーター。2014年、「バウテンダー」でビッグコミックオリジナル(小学館)の第1回オリジナル新作賞大賞を受賞し、デビュー。ビッグコミックオリジナル増刊号に連載する『君の大声を聞いたことがない』第1巻を2018年に、第2巻を2020年に刊行。ビッグコミックオリジナルに連載する『世界は半分になった』第1巻を2020年12月に上梓。

 

【ブックデザイン】

小川純(オガワデザイン)

書籍を中心としたデザイナー。双子のライオン堂より刊行されている『アオザイ通信完全版』『電子と暮らし』のブックデザインを手掛ける。本の種出版『ミライのパスポ』シリーズでは、各種デザインフォーマット、ロゴ制作を担う。

 

 

 

■本書の試し読み■

下記の画像をクリックすると、本書冒頭の1~21ページを読めるPDFが開きます。

 

 

 

■twitter上のモーメント・bot■

▽書店訪問の記録(どのコーナー・棚に置かれているか)

 『めんどくさい本屋』書店訪問の記録

▽全国の書店・本屋さんのツイート

 『めんどくさい本屋』全国の書店・本屋さんの記録

▽本書の感想など、さまざまな「声」

 『めんどくさい本屋』についての「声」

▽何が流れて来るかは、お楽しみ

 『めんどくさい本屋』bot

 

◆メディア掲載情報◆


▽2020年6月13日(土)の東京新聞/6月14日(日)の中日新聞に書評掲載。

 評者:井の頭線沿いにある街の本屋「サンブックス浜田山」店長・木村晃さん↓↓↓

 東京新聞ウェブサイトに全文公開「生き残りをかけた挑戦」

 

▽書評専門誌『週刊読書人』2020年6月26日号の「出版メモ」に紹介記事が掲載。

 

▽2020年7月11日(土)の毎日新聞「今週の本棚」〈話題の本〉コーナーで紹介。

 評者:文芸評論家の仲俣暁生さん↓↓↓

 毎日新聞ウェブサイトで冒頭部分のみ公開

 

▽2020年8月22日(土)発売の書評専門誌『図書新聞』3461号・8月29日号に書評掲載。

 評者:文京区本駒込にある書店「BOOKS青いカバ」店主・小国貴司さん↓↓↓

 本屋とそこに集う人たちとの信頼関係

 ―本屋というものは本質的には「暑苦しい」場所なのではないか?

 

◆オンラインショップ一覧◆


下記店名をクリックすると、ショップのページが開きます(五十音順)。

 七月堂古書部(東京都世田谷区松原)

 Title(東京都杉並区桃井)

 トンガ坂文庫(三重県尾鷲市九鬼町)

 乃帆書房(秋田県秋田市大町)

 H.A.Bノツウハン

 Books&Cafeドレッドノート(東京都江東区平野)

 ポルベニールブックストア(神奈川県鎌倉市大船)

 本の轍(愛媛県松山市春日町)

 REBEL BOOKS(群馬県高崎市椿町)

 

◆オンラインイベント◆


▽2021年1月28日、YouTubeにて、

 竹田信弥さんと本書編集担当・秋葉貴章の対談を実施。

 アーカイブはこちら。イベント後記『めんどくさい編集者の反省会』はこちら

 

▽2021年2月25日、YouTubeにて、

 デザイナー・中村圭佑さんをゲストに迎えた第2回オンラインイベントを実施。

 アーカイブはこちら

 

▽2021年3月27日、YouTubeにて、

 水窓出版・高橋亮偉さんをゲストに迎えた、同社刊行『無職本』とのコラボによる、

 第3回オンラインイベントを実施。

 アーカイブはこちら

 

▽2021年4月30日、YouTubeにて、

 フリーライター・宮崎智之さんをゲストに迎えた、

 『平熱のまま、この世界に熱狂したい』(幻冬舎)とのコラボによる、

 第4回オンラインイベントを実施予定。

 予約はこちらより