ホーム > お知らせ一覧 > 竹田信弥さんの『めんどくさい本屋』が、毎日新聞「話題の本」コーナーで紹介されました。
竹田信弥さんの『めんどくさい本屋』が、毎日新聞「話題の本」コーナーで紹介されました。

2020.07.11  更新

東京・赤坂の選書専門書店「双子のライオン堂」店主である竹田信弥さんの単著『めんどくさい本屋―100年先まで続ける道』が、7月11日(土)毎日新聞・朝刊「今週の本棚」にある〈話題の本〉コーナーでピックアップされました。

評者は、文芸評論家の仲俣暁生さんです。

 

竹田さんと双子のライオン堂を以前より知っている立場から、ライオン堂に感じる「不思議さ」の理由、誰かを受け止める場所としてのライオン堂について、ひもといていただきました。ありがとうございます。

 

同日の「今週の本棚」では、トランスビュー共同広告の1冊としても『めんどくさい本屋』について出稿しています。

広告の準備後に〈話題の本〉で紹介されることを知り、そのままの形で広告も掲載することにしました。

また、新しい読み手に届いていくことを、願っています。

 

毎日新聞ウェブサイト「今週の本棚・話題の本」ページ

https://mainichi.jp/articles/20200711/ddm/015/070/009000c